デンタルフロスも合わせて活用することが必須です

夏の暑い季節なら誰しも汗をかきますし、汗をかけば臭うのは普通のことです。

「自己臭症」という思い込みの可能性もありますので、不安なら皮膚科を受診して白黒つけるのが良いでしょう。

ワキガ(腋臭)で悩んでクリームを使うなら、無香料のものを選ぶのが無難です。

わきがのニオイを消そうと思って香水を使えば何とかなると思っても、香水をつけることでわきがのにおいと混ざり合い、むしろもっと臭いが強くなってしまいます。

そのため、クリーム臭いのもとが含まれていないものをできるだけ選びましょう。

腋臭で周りに迷惑をかけたくないなら、汗をマメに拭き取ることも大事です。

ワキガのニオイは皮脂やタンパク質(アポクリン腺から出る)が、雑菌が繁殖するとそれらを分解することで生じるので、汗をこまめに拭き取ることで、臭いを抑えることにつながることは理解できると思います。

わきがに悩む人のクリームを選ぶにあたり、「殺菌力」を考慮するべきです。

汗腺であるアポクリン腺から出る皮脂やタンパク質を分解していると言われる、皮膚に存在している常在菌や雑菌を殺菌する成分です。

皮脂、タンパク質などの物質を分解する常在菌、雑菌が殺菌されれば、あのイヤな臭いも出ないであろうことは容易に理解できるのではないでしょうか。

食事制限を中心としたダイエットをしていると、「まさかわきが?」と思うようなニオイが出ることもあります。

これは「ダイエット臭」と呼ばれますが、ダイエットで食べるのを控えることが原因で体脂肪が燃焼され、その際に発生するケトン体が、ニオイの原因になると言われています。

運動と食事制限を平行して確実に実行することで、こうした臭いは生じにくくなるようです。

わきが対策のクリームを選ぶ時は、「殺菌力」を無視できません。

アポクリン腺から出る皮脂やタンパク質を分解していると言われる、皮膚に存在する雑菌を殺菌する成分です。

タンパク質や皮脂を分解する菌がいなくなれば、悩みの原因となる臭いも消えるかもしれないことは想像がつくのではないでしょうか。

わきがの自己診断(セルフチェック)をしたことがあるでしょうか。

自分で判断し、ワキガでないと思っていても、勘違いということがあります。

そこで、黄色いシミが1日着たシャツにあるかどうか、耳アカが湿っているかどうか、両親その他の血縁者にわきがの人がいるかどうか、おおまかにこれら3点が判断基準として有効でしょう。
キュラーズ

腋臭(わきが)で悩んでクリームを買うなら、保湿力があるものを選んだ方がいいですよ。